お薦め情報










その他・お薦め情報

ツボと専門家

ツボは自宅で簡単にできる安眠方法のひとつですが、実はこれにはしっかりとした国家資格があり、専門家がいるので、できれば最初は専門家のところに行くのが良いです。

ツボは身体のあちこちにあるだけに、ポイントがずれてしまうときちんとした効果が得られず、かえって悪化してしまうこともあるので、最初は専門家に実践してもらう方がわかりやすいです。

ではそれを踏まえたうえで、ツボで良い効果を得るためののコツをいくつかご説明します。まず押してはいけない時というものがあります。妊娠中、特に安定期の前や、押したいツボの周辺に怪我がある時。飲食後30分以内、サウナに入った後、風邪などの発熱時、飲酒時があげられます。

普段と体調が違う、という時には自己判断で行わずに、専門家のところに行って相談をしてみましょう。

さて、ツボを刺激するの際の具体的な方法です。押し方は基本的には、指の腹を使って押す、手のひらや指全体でもみほぐす、拳や手のひらで軽くたたくという三種類になります。

ツボ押しというくらいですから、指の腹で押すのがもっとも基本的な方法になります。また、ツボの中には左右対称に存在するものもあります。この場合には必ず、左右セットで均等に押すようにしてください。

また、ツボの効果を高くするには、呼吸を意識してリラックスしながら行う方が良いです。押す時は息を吐く、というふうに覚えておくといいでしょう。

離す時には力を抜いて息を吐きながら行い、ゆっくりと指を離していくようにしてください。急に離してしまうのは神経を過剰に刺激し、せっかくほぐしたのにまた緊張を起こしてしまいます。

ネット上ではツボの位置を紹介する画像をよく見かけますが、実はこの位置は人によって少しずつ微妙に違います。図にある印は目安程度に考えて、実際にはその周辺を自分で探す必要があります。

探し方のポイントとしては、印の周辺を揉んだりしてみて冷えていたり、押したときに痛みがあるなどといった箇所になります。

最後に、ツボを使った治療の専門家というのはよく勘違いされるのですが、鍼灸とは違います。この療法の専門家はあん摩マッサージ指圧師という資格になりますので、専門家を訪ねる時はこの資格を持っている施術者を探してください。