安眠に良く効くツボを紹介する会 » 腰痛と産後、体操

腰痛と産後、体操

妊娠中や産後は腰痛になりやすいといいますが、主には出産の準備として女性の身体が変化するためです、靭帯が柔らかくなったり骨盤が広がり、非常にデリケートな状態になります。

出産後の育児は大変なものです、ただでさえ大変なのですから腰痛になってしまったらさらに大変です。ひどい時には歩くのもつらい状態になることもあります、そうなると日常生活にも影響してきます。

早期に治療を始めれば治りも早いものです、普段から腰が弱いようであれば予防のためにマッサージや体操をはじめるのもいいと思います。

体操といっても腰を回したりひねったりと簡単な動作で十分です、継続することが大事なのです。体操をしただけでかなりよくなったという人もたくさんいるようです。

腰痛体操は、腰の痛みをやわらげるために開発されたものです、詳しいやり方はWEBサイト等を参照してみてください、基本的には背筋と腹筋を鍛えることで腰の湾曲を矯正し、血液循環を良くすることで身体と心のバランスが取れ、結果的に腰痛が改善されます。

長期間続けるつもりで日々繰り返し、無理せず行うのがいいと思います。妊娠すると運動不足にもなりがちです、そのために筋力が弱くなって腰痛が起こります。

できるだけ軽い運動を行うのがいいと思います、歩くだけでもお勧めです。また、普段から姿勢を良くするように意識することも大事です、妊娠したら知らず知らずのうちに後ろに反ったりしていることが多いです。

妊婦さん用の体操もあるようです、かかりつけの婦人科があれば聞いてみればいいと思います。

また、補助器具として骨盤ベルトやサポーターも市販されていますので、腰を保護するために付けてみるのもいいと思います。自分のまわりに腰痛の経験者が居れば、どんなものがいいか聞いてみるのもいいと思います。

出産後はまだ身体が完全に健康ではなく、2、3ヶ月は修復に必須です。まわりにも協力を得て、家事や育児等、協力してもらうのが一番です。