安眠に良く効くツボを紹介する会 » 予防法について

予防法について

椎間板ヘルニア、また他の腰痛に対しても有効な予防法として、正しい姿勢をこころがけ、実践することが上げられます。もちろん椎間板ヘルニア再発の予防としても効果があります。どのようなすばらしい治療を受けたとしても、姿勢が悪くなれば椎間板ヘルニアの治療をした努力はゼロになります。

立位での正しい姿勢とは、顎を軽く引いて背筋を伸ばし、また膝をしっかりと伸ばす格好であると言われていますが、腰痛にはあまり効果が無いと言われることがあります。

この正しい立位はあくまでも理想であって、実は姿勢を崩したり、自分が楽だと思われるような立ち方を常にしたほうがいいということのようです。

特に椎間板ヘルニアの治療を受けている場合にはこのほうが症状の悪化を防ぐためにはかなり有効と思われます。また座る時にも硬めの座布団やソファーに楽に座るのがよいようですが、ずっと楽な姿勢をしていても疲れてきますので、色々と変えていくほうがよいようです。

入浴時はよく小さな椅子にすわってバランスが悪く見えることがありますが、できれば大きめのものにするか、そのまま膝をつくなどしてバランスをとるほうがいいそうです。

その他に日常生活の上で注意すべきこととして、中腰、前かがみの姿勢があります。中腰や前かがみになると、人間の腰にかかる力が増強されます。特に前かがみでお辞儀をすると、体重の倍以上の力が腰にかかってきます。

このままでは普通に考えれば立位に戻すことさえできない、と思われがちで、不思議に思われる場合も多いですが、体のバランス感覚によって維持されているだけのことです。

掃除をする際に掃除機をかけるときも、できるだけ手にするホースの硬い部分を長くして、前かがみになることを避け、吸引力で床に少しくっついている掃除機のホースを移動する際にも、よくバランスを考えて移動させることが必要です。

重いものを持つときは特に要注意です。腰を曲げないでしゃがんでから持ち上げるようにするとあまり負荷がかからないようです。