安眠に良く効くツボを紹介する会 » 無垢フローリング

無垢フローリング

無垢フローリングとは、無垢の木材でつくられたフローリング(床材)のことをいいます。無垢材とは木を継ぎ足す加工をしていない木そのものをいうようですが、天然のものにほとんど加工を加えていない自然素材のものです。

合板フローリングには出せない「本物感」や「風格」があるので、少しでも家にこだわるニーズには人気があるということです。

しかし、天然ものであるために隙間がすいたり、反ったり、膨れたりするのはある程度許容する必要もあるということです。

それで、水をこぼしときのメンテナンスなど気を使うところとなります。一見するとフローリングはどれも同じように見えるということですが、その構造から大きく2つに分けられるといいます。

それは「複合フローリング」と「単層フローリング」(ムク)ということです。複合フローリングでは、合板などの基材に化粧単板を張ったフローリング材だということです。反りや縮実など狂いが少なくバリエーションが豊富だということです。

フローリング材にもさまざまな種類がありますので、詳しく知りたい方は、リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~などでリノベーション業者に直接相談してみるといいでしょう。

一般的に無垢といわれるフローリング材では「木」そのものの美しさが表現できると言われています。複合フローリングの良さは、反りや伸び縮みがなく施工が容易だということがいえます。

基材の組み合わせや塗装方法でいろいろな性能を持たせることができるというものです。

また、木の材質感でも無垢材にも負けないほどのものもあって、健康面でもホルムアルデヒドなど化学物質の基準などの基準が決められているといいます。

最近では、高級自然志向、健康志向などの理由から単層フローリング(ムク)の使用が徐々に増えてきているといいます。

天然の質感などを味わえるということで、木の物つ特徴がそのまま表れるなどがあり、隙間があくことや表面に節や入り皮などが入ることも多いのですが、反対にそれを自然の味わいとして受け止めることができるかどうかを考える必要なども出てくるということです。

無垢材は高級品と思われて、住み心地の良い点から価格的にも高いイメージがあるということですが、リフォームやリノベーションなどの場合にも無垢材と合板の良さを比べてみて、自分のイメージに近い計画をすることなどを検討することがいいようです。