安眠に良く効くツボを紹介する会 » 腰痛とテーピングについて

腰痛とテーピングについて

腰痛にはストレッチやサプリがお勧め、という方は多いですが、最近はテーピングを用いている方が増えているようです。テーピングとはその名のとおりテープを貼る、あるいは巻きつける、というような簡単な方法です。

長時間のデスクワークや立ち仕事、中腰などによる肩凝りや腰痛、そして足の筋肉が弱まることで起こる膝の痛みなどにも簡単に用いることができます。

またテーピングといえばスポーツ選手がよく怪我のサポートとして用い、試合中でも効果が高いと言われていますが、このような場合は関節が曲がらないようにするための伸びない種類のテープを使用します。

これに対して、腰痛の場合は伸びる機能が十分にあり、またスポーツのようにぐるぐるに巻いたりもしない、という特徴があります。

実際の用い方、貼り方ですが、貼る関節の位置に注意が必要です。膝の場合はそこを伸ばすと痛む場合が多いですが、痛みを感じる手前まで伸ばした時点で貼るのが有効です。このようにすると膝が伸びそうになってもテープが支えて戻す力が作用します。

またテープに皺ができるのはできるだけ避けることが大切です。はじめはなかなかうまく行かないものですので、短い長さからはじめ、徐々に慣れていくようにします。

また同じ場所にずっと貼ると、皮膚がかぶれたり、ひどい場合は炎症を起こすこともありますので、バイ菌の侵入などにもケアし、ずらしていくなどのコツも必要です。

テーピングは対症療法ですが、保存治療の中でも改善のための影響度は少ないものです。しかしコルセットによる安静よりは運動効果をアップさせることができますし、テーピングをすると身体が軽くなったようで楽しい、とリラックスすることにも寄与します。

筋肉強化のためのより早いアプローチとしても使用でき、また椅子に座ったり、クッションに座ったりするのにも邪魔になりません。人によってはアイディアを駆使することで、かなり有効な腰痛ツールになります。