安眠に良く効くツボを紹介する会 » ブロック注射と種類

ブロック注射と種類

ブロック注射では神経の伝導路に対して直接的に局所麻酔剤を注入します。このことで痛みの伝達を遮断する効果があり、血流を良くして、筋肉の緊張を緩めることができます。

またこの局所麻酔薬の作用は一時的なものです。しかしながら注射後、かなり長い時間効果が持続する例は多くあります。痛みの刺激が遮断され続け、また血管収縮を取り除いたりすることで、注射を打つ前とは明らかに違う状態、つまり改善をしていることがはっきりとわかります。

また、腰痛などに使用するブロック注射といっても様々な種類がありますが、外来診療で多用される種類のものとしては、硬膜外ブロックや神経根ブロックなどがあります。

このうち硬膜外ブロックは局所麻酔薬を使用し、知覚神経や運動神経、交感神経などをブロックします。こうすることによって、痛みが緩和されたり、筋弛緩作用を生んだり、また血行を改善する作用などが期待できます。

また硬膜外ブロックには主に仙骨部硬膜外と腰部硬膜外があります。仙骨部硬膜外ブロックは腰の椎間板ヘルニア、そのうち下位のヘルニアに対して用いられることが多く、尾てい骨から仙骨の下側にある硬膜外腔に繋がった穴から局所麻酔薬を注入します。

またこれよりもヘルニアの腰椎が上にある場合は腰部硬膜外ブロックが用いられます。あるいは仙骨部硬膜外の効果が無かった場合も用いられます。

背骨と背骨の間から、つまり腰椎の部位から直接針を挿入して、硬膜の手前まで針を挿入します。また薬剤はステロイドを用いる場合もあります。腫れた神経の圧迫を取り除いて、痛みを解消させる方法です。

その他の種類として、神経根ブロック、あるいはルートブロックと呼ばれるもの注射は、レントゲン透視下で用いられる方法です。

直接針を挿入し、痛み止めを狙います。またほとんどの場合、レントゲンで問題の箇所の圧迫や異常を見ながら注入されます。いずれも難易度が高い治療法ですので、医師の腕前の確認は必須です。