安眠に良く効くツボを紹介する会 » 頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは首から腰にかけて体内の軸となる背骨の頚椎、つまり首の部分の骨に異常をきたし、髄核が突き出たり腫れたりすることで神経を圧迫して炎症を発することで引き起こります。



様々な神経が集中している箇所の圧迫なので、症状としてはその神経が繋がっている箇所に多く表れます。初めは痛みや痺れ、脱力感などが主に首や肩に表れやすいのですが頚椎ヘルニアの場合は腕や手にもその症状が見られることがあります。

頚椎ヘルニアの予兆として肩こりや筋肉痛のような症状が表れるのですが、大体の人はこれらの症状を感じても放置しておくことが多いようです。

頚椎ヘルニアを発症すると治療の間、痛みが激しい時などは首を動かすことが難しくなり、日常生活が不便に感じることがあります。

腰のヘルニアなどに比べて頚椎ヘルニアは体を動かす分にはまだ楽かもしれませんが、首を動かすことが困難になるので寝る時などには細心の注意が必要とされます。

悪化すると嘔吐や頭痛の症状を感じることもあり、合併症や後遺症を併発することもあります。治療方法にも様々で保存療法や手術といったものがあり保存療法を選ぶ患者が多いとされていますが、薬が効かないことや満足に睡眠をとることが出来ないということもあり手術を選択する人もいます。

軽症のものならば数週間で痛みが緩和していき数ヶ月で完治へと繋げることも可能ですが、重症化していき治療時間が要する場合には1年以上の期間が必要になり、慢性化もしやすいので後遺症が残る可能性も同時に高まるのです。

首は他の脊椎が通っている箇所よりも筋力が弱く鍛え難いということもあり、重たい頭部をその一点で支えているので胸や腰に比べて負担がかかりやすいことから発症の確立も高くなります。

完治してからも疲れやすさを感じることや脱力感が残る、肩や首の痛みを感じるということのある患者も多いので治療やリハビリ期間には細心の注意を払うことが要されているのが頚椎ヘルニアです。