安眠に良く効くツボを紹介する会 » 頚椎ヘルニアと肩凝り

頚椎ヘルニアと肩凝り

肩凝りの症状は頚椎ヘルニアの初期段階によく見られます、肩凝りの他に背中が痛い、首が痛いといった症状に悩まされます。

ただの肩こりかどうかの見分け方としては、特に手足にしびれがあったり感覚が鈍くなっているといったような状態が自覚できれば頚椎ヘルニアの可能性が高いです。

なぜしびれが出るかというと、椎間板から頚椎が飛び出すヘルニアによりその周辺の神経を圧迫し、伝達が鈍くなりしびれや感覚の麻痺症状が起こります。普通の肩こりと違い肩の関節が動かしにくくなったり痛みも普通の肩こりとは違った違和感を感じるかもしれません。

神経を圧迫することにより起こる症状は様々あります、圧迫している神経の種類によって変わるからです、首周辺の頚椎に異常が起こっているにもかかわらずまったく関係ないと思える足や腕がしびれたり痛いといったことになるのはそのせいです。

初期の段階ではしびれ等の自覚症状が無い場合が多いです、そのため治療が遅れることも多いようです、どのような場合でも心配な方は一度病院で診てもらうのが大切です。

頚椎というのは人体で重要な部分です、なんらかの異常があったとして頚椎ヘルニアと決め付けるわけにはいきません、他になんらかの原因がある可能性もあります。

肩凝りがひどいと感じる方で手足がしびれる等の自覚症状があれば早期に病院に行くべきです、ほっておくとどんどん悪化し、めまいや吐き気、最悪運動障害や歩行困難におちいるほどです。

頚椎ヘルニアの治療法として、現在は薬での治療や電気での治療、温熱治療といったものが一般的です、これらは全て症状を緩和させるためのものであって、薬によって治癒するものではないのです。

あくまでも人間の自然治癒能力を上げるための手助けをすると考えれば間違いないありません、肩こりの原因は姿勢の悪さからくるのが大半と聞きます、日頃から自分の姿勢がいいかどうか意識して確認してみるのが予防として大切です。