安眠に良く効くツボを紹介する会 » 接骨院でジャンパー膝を改善する

接骨院でジャンパー膝を改善する

ジャンパー膝とは、ジャンプスポーツをされている方に起こりやすい膝の疾患です。またオーバートレーニングが原因です。

ランニングでも膝を悪化させる場合が多くありますが、ジャンプの場合はランニングで弾みをつけますので、技術力不足が原因になっているケースも多くあります。

重症になると痛みが始終起こり、またスポーツはほぼ中止しなければなりません。あるいは腱や靭帯が断裂している例も多く見られます。

靭帯や腱などが骨とくっついている部分は、トレーニングによるストレスが多くなりがちな部位です。膝を曲げ伸ばしすると、靭帯と骨に摩擦が生じますので、炎症が起こります。

オーバートレーニングになる原因は、やはり筋力不足や骨の筋肉とのバランスの悪さ、姿勢やフォームの悪化などが考えられます。また靴などのウェアが合わない場合もありますし、練習場が人工芝の場合はコンクリートの上に直接乗っていることで、固さが影響します。

痛みが出た急性期はとにかくアイシングが先決です。もちろんスポーツには参加せずに、安静をしながら患部をよく冷します。また痛みが引いてくれば、スポーツを徐々にしながらの治療も可能です。

スポーツ前には太腿をよくストレッチしたり、膝サポーターを着用する場合もあります。また運動後はアイシングをしてやや安静をとります。

接骨院では、まずどのようなスポーツをしているのか、またどのようなアクションで痛みが出るのかなどを問診でチェックし、ストレッチやマッサージで負担を軽減させます。

また歪みがあれば矯正し、膝にかかる負担をできるだけ弱めることも大切です。キネシオテーピングを用いて筋肉の矯正をサポートしたり、独自の方法でそれぞれにあった治療法を用いるところも多くあります。

12歳ごろの少年にも多く発症しますが、オーバートレーニングを避けるためには様々な工夫が大切です。筋肉の発達が追いつかないようなトレーニングを避ける管理方法を身に着けなければなりません。