安眠に良く効くツボを紹介する会 » フットケアワーカー

フットケアワーカー

「介護予防・地域支え合い事業」に新規メニュー「足指・爪のケアに関する事業」「高齢者筋力向上トレーニング事業」が追加され、その中に「フットケア」「筋力トレーニング」が盛り込まれ、診療報酬改定にともなって、糖尿病による神経障害によって引き起こされる「糖尿病足病変」は足のトラブルに対する患者の意識を高め、集中して指導すれば発症を予防できることがわかり「糖尿病合併症管理料」が新設されるなど「フットケア」の重要性が認識されるようになりました。

そして実践的に行える「フットケア」が求められるようになり需要は急増しています。また、その資格を取得するためのフットケア通信講座というものもあります。

しかし専門に従事できるフットケアワーカーの数が足りないのが現状です。そこでフットケアワーカーを養成するのを目的として、メディカルフットケアJF協会、介護予防フットケア協会、フットケアサロンなどが運営するフットケアスクールなどで、看護師・介護福祉士・美容師など国家資格取得者を対象に講座を開講しています。

そしてフットケアワーカー養成講座を受講すると修了後認定証を授与される。認定証を授与された看護師・介護福祉士・美容師などがケアフット外来などで介護予防フットケアや糖尿病足病変によるフットケアと指導の仕事に従事できるようになります。

フットケアワーカー養成講座内容は理論と実技があります。理論は「フットケアの重要性」「爪について:爪の構造・健康な爪とは・爪の異常」「皮膚について:皮膚の構造・皮膚の異常」「解剖学・生理学」「糖尿病における足病」などを学びます。

実技では「評価」「爪の切り方など」「高齢者施設での実技研修」などを実際に体験します。コースはスキルに応じて選択できるようになっています。フットケア技術としてドイツ式フスフレーゲが取り入れられています。

足のトラブルを防ぎ、寝たきり状態を無くすことで、高齢者の健康と生活の支援に役立つ技術として、医療や介護の現場で活用されています。