安眠に良く効くツボを紹介する会 » リノベーションの図面

リノベーションの図面

昔ながらの図面を青図といいますが、昔は手書きでそれを印刷するのにカーボン用紙のようなものを使い機械で印刷していたので仕上がった図面が青色をしているので青図といいます。

築15年前後の住宅ならまだこの青図の図面で作られているはずです。いまでは、簡単にパソコンで作れてしまいます。

この図面は、建物を設計したてるときのために使うものなので寸法も細かく設計図といった難しいものです。

私が、お客様との打ち合わせのときに使っていた図面は、インテリア専用のソフトを使い、細かな家具まで分かりやすいようなイラスト的なものを使っていました。

こうの図面だと素人である方も分かりやすいですし、特に女性には人気がありました。

一般的な図面で説明しようとなると平面の箱ばかりになってしまうのでなかなかイメージが付きので分かりやすくする工夫も図面の中には必要しされています。

イメージが付き工事の内容が決まれば、既存の住宅の図面と照らしあわせ詳細な建築図面を作りそれを見ながら職人が仕事をしやすくするための施工図面を書きます。

図面がないと工事の進みも違うので、私は図面の準備はしっかりとしようと心がけていました。

リノベーションの場合、既存の住宅の図面があるのでとても図面作りはしやすいので少し手間は、省けてます。