安眠に良く効くツボを紹介する会 » 腰椎椎間板ヘルニアの診断

腰椎椎間板ヘルニアの診断

●画像診断について

腰椎椎間板ヘルニアを確認する際、問診や触診、それに理学的・神経学的診断が終わったあとで、それらの補助の目的で画像により確認も行われます。

病院に行くと「はい、レントゲンを撮ってください」次はMRIあるいはCT、そして「骨シンチも撮りましょう」と、やたらにカタカナの検査がはじまり、手術となると「ミエロ」「神経の造影」「椎間板造影」とさらに続きます。

身体の構造や機能を画像で捉らえるものでレントゲンなどがその代表ですが、最近ではCT、MRIなどが大きく貢献しています。

●それぞれの画像診断は、それぞれの目的を持って行っている。

腰椎椎間板ヘルニアでは、まず通常のレントゲン検査を行います。代表的なものには、X線検査があります。これは最も一般的な検査で、この検査では骨の映像が鮮明に映ります。

椎間板や軟骨組織は映りませんが、映った骨の位置関係や影の具合などから、椎間板や軟骨組織の状態も推定でき、腰椎椎間板ヘルニアであるかどうかも判断できるのです。

この目的は脊椎の構造的な異常をみることはもちろんですが、腰痛の背後にがんや脊椎炎など、悪質な疾患が潜んでいないかを調べるものです。

ついで、外来でよく行うのがMRIです。CTは骨の変化に強く、これとともに「骨シンチ」と言われたら骨の炎症性疾患や腫瘍を疑っています。また、「ミエロ」と言われたときには手術的な治療も考えているな、と思えばいいでしょう。

腰部脊柱管狭窄症患者を1000人以上改善させた治療法