安眠に良く効くツボを紹介する会 » カイロプラクティックの開業について

カイロプラクティックの開業について

まず聞きなれない、この「カイロプラクティック」について説明したいと思います。カイロプラクティック (Chiropractic) は、代替医療のひとつであって、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立されました。

WHO(世界保健機関)にも認可されています。WHOによる定義では、筋骨格系における障害、およびそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であるとされています。

行われている治療法としては、主に関節アジャストメントあるいは脊椎マニピュレーションを徒手によって行う治療手法が特徴であって、特にサブラクセーションが注目されています。WHOは、カイロプラクティックを鍼灸(日本では鍼灸を扱う、はり師ときゅう師が国家資格になっている)などと同等の代替医療であると位置付けています。

2005年には、安全で有用なカイロプラクティックの教育を目的として、「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン(指針)」が発行されています。

このカイロプラクティックですが、実は現時点、日本においては、開業するにあたって、特別な資格は必要ありません。日本においては、カイロプラクティックは未法令化であるために、極端な話、「誰でもカイロプラクターを名乗ることが可能」となっています。

しかし、カイロプラクティックは、疾患のある部位を扱うために、下手をすると悪化させる可能性があります。

特に頚椎など、神経が集まっている部分に関しては、素人が付け焼刃で触ると大変なことになりかねません。どうしてもカイロプラクターになりたいというのであれば、アメリカでの資格取得も不可能ではありませんが、日本ではレントゲンを扱う資格が無いため、やはり活動を制限されてしまいます。

国内での資格化が望まれていますが、厚生労働省は法制化には消極的であり、資格化は難しいと思われます。日本でも開業することは可能ではありますが、現時点では資格化による統一が待たれるということですね。