安眠に良く効くツボを紹介する会 » ブロック注射による痛みの悪循環の解消

ブロック注射による痛みの悪循環の解消

快適な生活を送るためにも腰痛や頭痛による痛みはしっかりと治していきたいものです。

そのため、除痛治療が求められるわけなのですが、その一つの治療法として有名なのが、ブロック注射です。


ブロック注射とは、人は神経が作用することによって痛みを感じていますが、このような神経は体全体に張り巡らされています。具体的に言うと、末梢神経から中枢神経へといったように痛みが伝わっていく経路が出来上がっているのです。

そこでブロック注射はこのような経路に麻酔薬を注入することによって、局所的に痛みの流れを遮断してしまうことを目的としています。

実際に注入される薬は局所麻酔薬以外にも、ステロイド剤などが用いられることもあります。その時に使う薬やその薬の量というものは、患者さんの状態や目的に合わせて、一番適しているものが選ばれます。

このようにブロック注射は行なわれるのですが、ブロック注射のメリットの一つには痛みが生み出している悪循環を解消することがあります。

痛みというものは体に加わるとそれは刺激となって処理されます。この刺激は交感神経中枢を興奮させ、その結果として、末梢血管は収縮してしまいます。すると、その周りでは血液の循環が悪くなり、低酸素状態になってしまうのです。

そうやって発痛物質が生み出されます。この発生した発痛物質が原因となってさらに神経を刺激し、これが繰り返されるという悪循環が成立してしまうのです。

このような悪循環を取り除かないままでは、いくら原因となっている部分を取り除いても意味はありません。そのためにブロック注射が必要になってくるのです。

薬は痛みを和らげてくれて、同時に緊張状態だった筋肉を緩めてくれます。これによって、血流が良くなり、収縮してしまった血管の流れが良くなるのです。強い痛みに悩まされているのであれば、ブロック注射を受けることを考えてみましょう。