安眠に良く効くツボを紹介する会 » 脊椎すべり症とは

脊椎すべり症とは

腰椎における疾患としてよく見られるのが脊椎すべり症です。このすべり症は椎骨が前と後ろにずれてしまった状態を示し、この中で分離症に伴って生じる分離すべり症と、それに対し分離を伴わない変性すべり症の2つに分類することが出来ます。

分離すべり症では椎間関節が分離してしまうので脊椎の安定性が悪くなってしまうという問題が起こります。もし成長期に患ってしまうと椎体が変形してしまう恐れがあります。

また、壮年期においてはそもそも椎間板自体が変性してしまうことが原因で発症する場合もあります。もう一方の変性すべり症では椎間板の変性によって起こるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の発症を招いてしまう可能性があります。

症状としては多くのケースで腰痛と言うのがメインで現れてくる病気です。慢性的に腰痛に悩まされている人が多くなっているのが現状です。

しかし、もし先ほど既述した脊柱管狭窄症を患ってしまうと、腰痛に加え下肢にも痛みやしびれなどといった神経症状が起こります。悪化すると馬尾症状(馬尾症候群)が出現することもあるので注意が必要です。

この脊椎すべり症の治療法としては、多くの場合がファーストチョイスとして保存療法が選択されます。特に症状が軽度の腰痛のみといった場合はまず殆どが保存療法となるでしょう。

コルセットを装着することにより痛みを軽減することや、鎮痛剤で痛みを和らげると言った治療法が取られます。

しかし、症状が重くなり下肢の痛みがひどくなり、筋力の低下と言った神経症状も確認でき歩行への障害が出ることにより日常生活に支障をきたす場合には、医師との相談の上で固定術と言った手術治療を行われることがあります。

この固定手術とはボルトで固定をするといった手法です。ただ、やはり手術は最終手段なので行うケースは多くはありません。